技術Tips

Selenium WebDriverのJavaによる使い方とコマンド集

Selenium WebDriverのJavaによる使い方について備忘録としてまとめておきます。

ぼくがSeleniumを使用している環境はIE11とFirefoxです。

Chromeやその他ブラウザについては、対応するDriverを用意し同じようにパスを指定してください。

 

ブラウザを立ち上げる

 

エレメントの取得

 

Locator

 

CSSセレクタでの要素指定がおすすめです。

ページの構造が変化しないならxpathも直感的に指定できて便利。

 

エレメントの操作

 

.clickが不安定です。その際は.sendKeys()でエンターキーやスペースを送信してください。

別のウインドウに操作の切り替え

 

アラートダイアログの操作

 

アラートダイアログが出現しているときにdriverに対して操作しようとするとExceptionが発生します。

この場合、driver.switchTo().alert()をtry~catchして問題なければスルーするといいかも。

ウインドウ、ブラウザを閉じる

 

よく使うコマンドはまた更新します。

 

便利なサービス、見逃していませんか?

もはや生活に欠かせない存在となったAmazonプライム。

その便利な特典やメリットをまとめましたので、まだAmazonプライム会員でない方は要チェックです。

【最新版】Amazonプライムのメリットとは?

RELATED POST