nizimaLIVEがリリース!特徴や使用感、ほかのソフトとの違いは?

こんにちは!こちゃ(@koh_bach)です。

ついに…
Live2Dモデルの購入や販売ができる「nizima」から、
公式のトラッキングソフト「nizimaLIVE」がリリースされました!

※今まではnizimaで購入したモデルも、VTSやAnimazeなどの外部ソフトを使うしかありませんでした

今回はnizimaLIVEの特徴、他のトラッキングソフトとの比較などについてお話します。

目次

nizima LIVEの特徴

nizimaLIVEの特徴としては下記があります。

  • 誰でもすぐにVTuberになれるシンプルな操作性
  • 他ユーザーとのコラボ機能
  • iPhoneとの接続でさらに高クオリティに
  • アプリ内でモデルの詳細な設定ができる

それでは、公式の仕様説明と併せてご紹介します!

誰でもすぐにVTuberになれるシンプルな操作性!

VTuber未経験の方でも直感的にわかるシンプルなデザインです。また、初心者向けの画面説明ページやチュートリアルページにより、アプリ操作から配信までの流れをサポートしています。

https://docs.nizima.com/apps/nizimalive/

nizimaLIVEはPC版、モバイルアプリ版があります。

どちらもモデルの背景変更や、モデルのモーションの設定など、直感的にわかりやすいUIです。

UI配置がVTube Studio(VTS)と似ているので、VTS経験者は扱いやすいかもしれません。

他ユーザーとのコラボ機能!

nizima LIVE同士を連携することで、他のユーザーとのコラボを行うことができます。他にはないハイクオリティな画質で配信を盛り上げます。

https://docs.nizima.com/apps/nizimalive/

こちらは他のトラッキングソフトにはない機能です!

具体的にどういうことかというと…

今までのソフトを使った配信では
自分のモデルは自分の環境で動かし、コラボ相手のモデルは相手の環境で動かせたものを、動画として一緒に映していました。

その場合、コラボ相手のモデルは低画質や遅延がおきたり、動画内での配置も好きに変えたりはできませんでした。

nizimaLIVEのコラボ機能を使うと
自分のモデルも相手のモデルも自分の環境内で動くため、高画質で低遅延で配信ができます。

またキャラクターの配置も、配信者ごとに好きな配置にすることができます。

https://twitter.com/himono_vtuber/status/1443167834457010176

iPhoneとの接続でさらに高クオリティに!

モバイル版アプリ「nizima LIVE TRACKER」と接続しiPhoneをカメラとして活用すると、webカメラよりもさらに生き生きとした動きを表現できます。

https://docs.nizima.com/apps/nizimalive/

PC版でモデルを動かす際、本来であればWEBカメラが必要ですが、

モバイルアプリ版をダウンロードしたスマホをWEBカメラの代わりに使うことで、モデルを動かすことができます。

またiTunes経由で自分のキャラクターモデルを設定することで、PCを使わずスマホ版のみでモデルを動かすこともできます。

アプリ内でモデルの詳細な設定ができる!

これまでLive2D Cubism Editor上で行なわなければならなかったモデルのパラメータ設定、物理演算の細かな調整をアプリ内で行うことができます。また、トラッキング項目とパラメータの紐づけもアプリ内で行うことができます。

https://docs.nizima.com/apps/nizimalive/

パラメータ設定を変更したい時、Live2D無しでも調節ができるようです。

いままでモデリングはすべてモデラーさんにお願いしていた、という方でも
気軽にパロメータが変更ができるのはとても良いですね!

nizima LIVEの気になるところ

nizimaLIVEの気になるところは下記があります。

  • バグが多い?
  • 利用がサブスク形式

バグが多い?

リリースされたばかりで仕方がないのですが、いくつかバグの報告があるようです。

私の環境下だとPC版でモデルを動かすことができませんでした…。

モデル選択ページで謎のエラーが出てしまう

また9/30現在、アンインストール時に予期せぬデータも消えるバグがあるようです!

現在公式が対応中とのことですが、念のためアンインストールする際はご注意ください。

【注意】nizima LIVEアンインストールの問題につきまして:https://nizima.com/News/Detail/324

利用がサブスク形式

無料版は機能に制限があるため、配信などに使う場合は有料版を検討します。

nizimaLIVEはサブスク形式のため、毎月の利用料金がかかります。

他のトラッキングソフトとの価格比較です。

月々500円は少し高めの印象…

まとめ

nizimaLIVEは他のトラッキングソフトにはない「コラボ機能」が魅力的ですが、リリースされたばかりでバグが多い点、利用料金が高めな点が気になります。

現状でコラボ機能が必要ない方には、そのほかの機能がほぼ同じで、値段も買い切りのVTube Studioがオススメです!

nizimaLIVEはまだリリースされたばかりなので、今後のアップデートでバグの修正や機能の充実などに期待しています!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる