プロフィール|Tanakano*(当サイト)について

はじめまして、Tanakano*(当サイト)に足をお運びいただきありがとうございます。

管理人の小川せいや(@knkSeiya)と申します。

このページでは少しばかりお時間をいただき、Tanakano*とぼくについて紹介したいと思います。

管理人のプロフィール

Tanakano*管理人の小川せいやと申します。

SNSで、長いこと「たなか」というハンドルネームで活動しているため、普段の生活でも「たなかさーん」と呼ばれることが多かったりします。

Tanakano*(ブログ)をはじめたキッカケ

昔ぼくは毎日、なんとなくつまんないなーって思いながら生きてました。

ビョーキ一歩手前ですw

そんな抜け殻みたいなヤツが、友人の影響でDIYやハンドメイド、カメラなどの趣味を持つことができて少しずつですが心境も変わって来ました。

自分を変えてくれた趣味への恩返しとして、この楽しさを広めたい。

つまんないと思ってた世界にも楽しいことはあるんだよってのに気付くような発信をしたいと思い、ブログで趣味の楽しさを発信しています。

ぼくの来歴

ぼくの来歴を紹介します。

現在のぼく

ぼくは今、都内でWebシステム関係のエンジニアとして働いています。

略歴
  1. 某大手メーカーで組み込みソフトエンジニアとして働き始める。
  2. 選考に合格し東京大学院に通う。研究内容はネットワーク関係。
  3. 職場の風土的に先行きが不安になり転職。次も大手メーカー。

スキルセットは以下。今は先端技術勉強中。

スキルセット
  • PHP
  • JavaScript
  • MySQL
  • Java
  • C・C#
  • IIS

スキルと言っていいのかわからないけどもちろんCSSも書けます。

趣味としてDIYハンドメイドアクセサリーの制作カメラなどを楽しんでます。
内容は以下で発信中です。

趣味は楽しんでいますが、ぼく自身は過去のトラウマ(大げさ)から割と人生に悲観的です。
油断すると「生きててもあんま楽しくないねー」という感情が出てくるので理性で律してる。

破滅的・生産的な二律背反な内面がありますが、趣味に精を出すことで精神的なバランスが取れているので、同じように「なんかつまんねーし生きてるのもシンドイ」って考えが頭をよぎっちゃう人に、趣味を持とうって提案しています。

過去のぼく

自慢になっちゃいますが、ぼくは学生の頃、成績がトップクラスでした。
ぼくの行った高専は偏差値64ぐらいで、県内トップ進学校レベルでした。

地頭は良いんですよぼく。

それでも人の世は厳しいもので、順風満帆ではありませんでした。

まず両親が離婚して、育ての親は父親です。なかなか褒めてくれない人だったので、必死に勉強していい成績を取って認めてもらうことに必死でした。母親いない時点で褒めてくれる人にハンディキャップ背負ってますからね。

そんで、前述の高専に合格したんですが、いじめにあって耐えられなくて途中退学しちゃったんです。

親はあんまり怒らなかったですけどね。

それから、しばらく抜け殻みたいに過ごしました。

あんまり人生が楽しくない。趣味もない。

会社の配属相談で、「(家でやることも特にないから)一番忙しい部署に回してくれ」って自分で言うぐらいでした(笑)

それからしばらく馬車馬のように働き、働きながら社内学校に編入するための受験勉強もしてました。

んで、何とか社内学校の狭き門を潜ることができまして、そこで全国のグループ会社で活躍する同年代達がすげーキラキラして見えたんですよ。

もうね、ぼくに無いオーラを纏ってるって言うか、ぼくがカラッポ過ぎというか。

努力の甲斐があって東京大学院への切符も手にすることができました。研究室の同期達も別格にキラキラして見えましたね。

研究もするし、自分の好きなこともする。

ぼく、ぼくの好きなことって何だろう・・・。この頃から自分は何がやりたいのか考えるようになりました。

これからのぼく

そんな背景があって、今では友人の助けもあり趣味に精を出せているわけですが、自分の内面には如何しようも無いどす黒いものが流れている実感はあります。

それを、何かに必死になっている間は忘れることができます。
なので・・・って言ったら失礼ですが、そう理由も含めて趣味に邁進しています。

何かの本で読んだ以下の言葉が好きです。

「明日死んでもいいように生きる」

極端ですが、明日死んでもいいようにやりたいことは全部やるようにしています。
そのせいで体力がガリガリやられることもありますが、何かやり残して「ああ、あれやっておけばよかったな」って後悔したくないんです。

ぼくはこうやって、自分の「つまんねー」っていう感情に折り合いを付けています。
だから、同じように「毎日が何となくツマラナイ」って感じてしまう人に共感もしますし、楽しさは自分で作るしかないってことも提案しています。

これからも、そんなぼくと同じような感情を持つ誰かのためにこの場所で発信していきたいと考えています。

Tanakano*は「好きを育てる」場所

Tanakano*(当サイト)は、「好きを育てる」をテーマに、

ぼくの好きなコト・モノ・趣味にフォーカスをあて、そこで得た知識や経験を皆さまと共有することで、

好きなことをもっと好きになり、その分野でさらに成長したい、そしてツマラナイ毎日を楽しくしたいと思い立ち上げました。

サイト名とロゴマークに込めた思い

サイト名は「Tanakano*

Tanaka(たなか)はぼくのハンドルネーム、後に続く*(アスタリスク)はワイルドカードといって、どんな文字でも入る記号です。

つまり、Tanaka(ぼく)の*(無限大な可能性)

ぼくはぼくの可能性をまだ少し信じたいんです。
たくさん活動してアスタリスクを色んなことで満たしていきたいという思いです。

主なコンテンツ

Tanakano*では主に以下のことをメインに扱います。

すべて、ぼくが大好きなコトです。

  1. 撮ること
  2. 作ること
  3. 学ぶこと

撮ること

せいや
せいや
写真が好きです。

ぼくの写真で誰かが喜んでくれることが好きです。

以下のサイトでは、初心者向けにカメラの撮影方法や写真のレタッチの仕方を紹介しています。

作ること

せいや
せいや
ものづくりが好きです。

DIYで自宅でオリジナル家具を作ったり、レザーでハンドメイド小物を制作しています。

では、作例や材料について紹介していきます。

今後の活動、目標について

さいごに、今後の活動方針、目標について紹介して終わります。

物書きとして

自分の集めた知識・経験を、ブログを通してフィードバックしていきます。

人から「役に立った!」「面白い!」と反応が貰えることが、小さな目標です。

週末カメラマンとして

たくさん撮って、たくさん現像して、たくさん勉強します!

ポートレートを撮ることに慣れていきたいと考えています。

誰かから依頼を受けて、イベント撮影したりポートレート撮影したりするのが今の目標です。

作り手として

レザー小物を中心にハンドメイド小物を制作していきます。

作ったものを販売なんかもしたいと考えています。

おわりに

長くなってしまいましたが、少しでもぼくの人となりを見てもらえたと思います。

今後とも、ぼくと、Tanakano*をよろしくお願いしますm(_ _)m

次世代加熱式たばこ「MOX REVO(モックスレボ)」

IQOSは本体が大きくてかさばるのが悩みの種です。
MOX REVOはスティックタイプの超軽量設計なので、邪魔になりません。

せいや
せいや
IQOSのサブ機としてカバンやポケットに忍ばせるのにオススメです!