撮影機材

ストロボ撮影に使うアンブレラってどんなものを選べばいいの?

撮影用のアンブレラを友人にプレゼントしようと思っていまして、どれを選んだものかと考えています。
ぼくはストロボを持っていなくて、アンブレラ使ったことないんです。
しかし、贈るからにはしっかりしたものを選定したいということで、アンブレラについて調べました。

アンブレラはストロボ撮影に使う機材

アンブレラは、ストロボ撮影時に使う機材です。
ストロボを使うときは、光がそのままだと強すぎるため、アンブレラに反射させたり透過させたりして光を拡散します。

 
何かの記念にスタジオ撮影したときに、カメラマンさんがスタジオにセッティングして巧みに操っている謎の傘見たことないですか?それがアンブレラです。
 

アンブレラの色

アンブレラの光の反射面はスタンダードなものとして、ホワイト、シルバーの2種類の色があります。
さらに、光を反射せず透過するトランスルーセントという種類もある。

 
他にもゴールドやゴールドシルバーなんて色もあるようだけど、日本ではあまり使われていないらしいので割愛。
それぞれの特徴は以下の通り。

ホワイトアンブレラ
  • 反射光が柔らかい
  • 光が大きく拡散され回り込んで広がる

 

シルバーアンブレラ
  • 反射光が硬い
  • 被写体の色味がくっきり出る(コントラストが強く出る)
  • ホワイトと比べて反射する光量が少ないため遠くまで届かない

 

トランスルーセント
  • 光を反射させず、透過させて使う
  • 光は柔らかめ
  • 透過させるため台座への取り付け方が他のアンブレラと違う

 
つまり、こんな感じ。

光の柔らかさ:ホワイト>=トランスルーセント>シルバー
光量:ホワイト>トランスルーセント>シルバー
色味・コントラストの強さ:シルバー>ホワイト=トランスルーセント

 
ただ、トランスルーセントは光を反射ではなく透過させる関係上、台への取り付け方が他のアンブレラと逆になります。
これによって、トランスルーセントはアンブレラの可動域に制限がつくのでそこは注意。

アンブレラのサイズ

アンブレラにはいくつかのサイズがあります。
最もポピュラーなものは直径86cm(33インチ)、直径110cm (44インチ)
直径86cmは小型の折り畳み傘ぐらい。直径110cmはコンビニ傘ぐらいのサイズですね。
サイズの他にも浅型とか深型とかあるらしい。はじめは定番の浅型で、用途によってサイズを選べばいいと思う。

おわりに:ホワイトアンブレラがよく使われているらしい

ここまで調べて、最もポピュラーなホワイトアンブレラの定番サイズを買ってみようと思いました。
 
友人に贈るのが目的なので、出来るだけオーソドックスで外さない奴を選んだってことです。
トランスルーセントと悩んだのですが、トランスルーセントは可動域の制限を受けることもあるので、まずはホワイトアンブレラにしてみた次第。
 
今回は友人への贈り物として選定しましたが、ぼく自身もストロボ撮影はいつか挑戦してみたいと思ってるので、自分で使ったら使用感とか紹介します。

Webプログラミングの第一歩

プログラミング学習の第一歩に最適なのは、動くものを作ってみることです。

しかしプログラミング未経験の方がテキストを読みながら動くものを作るのは非常に敷居が高いです。

Udemyの講座なら実際に講師の方が動画で説明してくれるため、イメージが掴みやすくとっつきやすいです。

おすすめの講座を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

おすすめUdemy講座7選を見てみる

RELATED POST