毒にも薬にもならない話

こんなに花粉症が辛いのに杉は減るどころか年間1500万本も増えている!?

今年も花粉が辛いですね(´・ω・`)

管理人はかれこれ20年ぐらい花粉症を患っています。今週は暖かかったからか、鼻炎と目の痒みが特に強かった気がします。

もちろん花粉症の鼻炎薬とマスクは常用、今は薬局でクラリチンEXという錠剤を買って飲んでいます。

クラリチンEXは一日一回服用なのが飲みやすくて良いです。アレグラみたいな一日2回タイプは管理人は飲み忘れてしまいますので(´・ω・)

 

それでも結構重度な花粉症患者のため薬は飲んでいても目は痒いし鼻水は出るし頭も痛くなります。

花粉症の薬って高いんですよね。常用するからそう感じるだけなのかもしれませんが、、、

クラリチンEXは14錠で2000円ぐらいかな。大体2~3か月ぐらいは服用するので1万円の出費です。

また、管理人は花粉対策品で目新しいものがあったら試してみたりしちゃうので+αの出費が・・・

今はイオンの力で花粉が付着するのを防いでくれるというアレルシャットというスプレーも使っています。効果のほどは実感できていませんが、まぁ気休めです(笑)

松明に火を点けて全国の杉に点火して回りたい。

これだけ健康面でも経済面でも苦しめてくれる花粉の元凶・杉ですが、実は減るどころかどんどん増えていっています。

林野庁統計によると年間で植林される杉の本数は1500万本前後。おいおいマジかよ・・・

花粉が出にくい品種なんかもありますが、コストが高いためこの品種は全体の数%しかありません。

今すぐでも松明に火を点けて点火して回りたい杉ですが、なかなかそれが実現しない理由は以下となっています。

  • 林業者現象で伐採の手が回らない
  • 杉の植林面積が広いため、一気になくしてしまうと山崩れ等の悪影響がでる
  • (花粉は出すがそれ以外では)大気を浄化してくれる

日本の林業を守るため・・・という理由で杉をどんどん植えるために国が補助金を出している状態です。最近は杉一本の価格は昔ほど高くないとも聞くし、花粉症による経済の機会損失も馬鹿にならないところまで来ていると(勝手に)感じています。

管理人は仕事の関係でよく海外に行くのですが、海外に行ったときは花粉症で困ることが全然ないためやはり日本の花粉症事情は異常なのだと思います。杉にはちとかわいそうですが、やはり総合的に見て杉を植え続けるよりも一度他の植林をやってみた方がいいんじゃないかなぁ・・・。

なんて不貞寝しながら今日も箱ティッシュ片手に薬を飲む((+_+))

便利なサービス、見逃していませんか?

もはや生活に欠かせない存在となったAmazonプライム。

その便利な特典やメリットをまとめましたので、まだAmazonプライム会員でない方は要チェックです。

【最新版】Amazonプライムのメリットとは?

RELATED POST
毒にも薬にもならない話

不正なプログラムで13歳中学生が補導されたニュースで思うこと | 時代が違えばぼくが補導されてた

2019年3月6日
Tanakano*
クリックすると同じ画面が表示され、消えなくなる不正なプログラムのアドレスをインターネットの掲示板に書き込んだとして、13歳の女子中学生が兵庫 …