ゲーム

ガンストΣをさっそくプレイ!各変更点やブリフメッセージはこんな感じ

こんばんは!管理人のたなかです。

ガンスト3突然の死を経て、ガンスリンガーストラトスΣが稼働開始しましたねー。

調整・変更内容をざっと眺めて、とても楽しみだったので本日さっそく少しプレイしてきましたので変更点等紹介します!

 

キャラクタータイプの追加

SPEEDPOWERSUPPORTSNIPEの4つのタイプが追加され各キャラクターが割り振られました。(WPによって別のタイプになることあり)

覚醒時の性能強化に影響があります。

  • SPEED・・・移動速度、ブースト消費量強化
  • POWER・・・火力、防御面強化
  • SUPPORT・・・火力、速度、リロード速度を少しずつ強化
  • SNIPE・・・リロード速度、連射性能強化

また、キャラクター選択画面で左下にそのキャラクターのステータスが表示されるようになりました。

例えば蘇芳司の場合、瞬間火力が最大で、機動力は低め、対盾性能は上の下ぐらい(本当?)

キャラクターによって書いてある内容が違います。アカネの場合はこんな感じで射程と攻撃範囲が高くて迎撃性能が弱め。

WPによっても変わるし書いてあることも本当かどうかわからないのであんまり気にする必要はなさそうですね(笑)

スクエニ的にはこのパラメータをベースとしてWP毎に色を付けたいといったところでしょうか。

ブリーフィングメッセージの変更

ブリーフィングメッセージが変更されています。

より細かい意思表示ができるようになり、自分の考えている戦略を共有できるようになりました。

戦略面を強化したいというスクエニの意思が見えますね。

あいさつ

Goodなコーデですねがリストラされました

コスト

他のメンバーに対するメッセージも含まれていますが、執拗な連打等のマナー違反には気を付けたいところ。

戦略1

1落ち、2落ちは今まで通りですが、敵拠点で暴れるのか、自軍のラインをできる限り維持するのかを戦闘前に伝えることができます。

戦略2

番号指定でどの敵を厚く狙っていくのか意思表示できるようになりました。個人的にこれはGOOD

リスタート位置固定

復活時のリスタートについて、ガンスト2~3では自由な位置にリスタートできたのですが、ガンストΣではマップ上の3か所からリスタート位置を選択する仕様に変わっています。

これはロペ側からスタートした際のリスタート位置。戦闘開始時にAポイント側、Bポイント側のどちらかによってリスタート可能位置が変わります。

初代のガンスト無印に近付いた形でしょうか。無印では落ちた順番によって完全にリスタコースが決まっていたため覚えていれば完全な待ち伏せができました。ガンストΣも待ち伏せに近いことはできますがある程度プレイヤー側の裁量も効いてきます。

とは言え、リスタート位置付近にどこも敵がいるor長射程で捉えられて遮るものがない。なんて状況もありえますので味方のラスキル対象が落ちたら自分も急いで落ちて調整する。あるいは味方の逃げ道が作れるように意識する。なんてことが大事になりそうです。

逆もまた然りで敵のラスキル対象を落としたらできるだけ敵を分断できる位置取りに気を付けるときっといいことあります。きっと。

リザルト画面も地味に変更

リザルト画面も地味に変更されています。その試合のスタープレイヤーにしかGJを飛ばせないのはガンスト3と一緒ですが、その中で自分のランクインの場合は「YOU」と金枠で囲まれちょっと豪華になっています。

ミニマップの変更が地味にうれしい

個人的に一番うれしいのはミニマップの変更です。

ミニマップに自軍のキャラクターがアイコンで表示されるようになりました。今までも番号で分かってはいたのですが、より直感的に誰が近くにいるのかわかるようになりました。

また、拘束、状態異常中のキャラクターには番号・アイコンの周りに大きく紫色の囲いができます。これでスタンや足ボーラといったチャンスを見逃しにくくなりました。(拘束した敵の近くで味方の高火力が狙っていたら安く横取りしないように注意!)

まとめ

体感ですが、ゲームの進行スピードも全体的に少し遅くなったような気がします。

無印からこのゲームを始めて5年。どんどん早くなるゲームスピードに付いていけなくなっていたためこの方向性での変更は個人的に嬉しいです。

私はPOWERタイプのWPによく乗るのですが、覚醒して火力が上がっても足回りが強化されないため逃げられてしまう。また、覚醒時のフルリロードがなくなったためせっかく覚醒しても撃つ弾がなくなったなんてことがありました。

ガンスト2~リロードなんてそんなに気にしなくてもやっていけましたが、ガンストΣではチャンスを活かすために弾数管理も再び重要になってくると思います。(この感覚久しぶり)

今回の仕様変更はゲームの仕組みに大きな影響を与えるものです。ガンストが今回のコンセプトである戦略性について軸足ブレることなく良い調整をしていってくれることに期待しています。

空いた時間に映画・アニメを見ませんか?

通勤中、家でゆったりしているとき、そんな空いた時間に映画・アニメを見てみませんか?

Amazonプライムは映画やドラマ、アニメが見放題。空いた時間にちょっと見るのに最適です。

さらに音楽や本の読み放題、Amazonの買い物が便利になるなどの複合サービスなので映画やアニメのためにわざわざ配信サービスを契約するのはちょっと・・・という方でも満足できます。

最新版として各サービスの内容とメリットをまとめましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

【最新版】Amazonプライムのメリットとは?

RELATED POST